一定期間更新がないため広告を表示しています

2016年初ライブ。
イヤ、人生初めてのピアノ発表会。

レッスンを受けている先生がいつもピアノを弾いている六本木テレビ朝日の前にある「アンディアーモ」が会場。

ドラム、ベース、ピアノでの初トリオ。
持ち時間は6分で好きなだけソロを弾いていいという曲は1曲1発勝負。

曲は「Someday my prince will come」

イメージを沢山沢山描いて臨んだ本番。

なんだ、この緊張感は(笑)
やりたかった事の2割ぐらいしか表現出来ず、初トリオの興奮もどこえやら…。
自分と鍵盤とのにらめっこの戦いで精一杯とは。

途中で指が止まるのも初めての経験で。
これが真っ白になるということか…。
最近ちょっと楽してピアノを弾きすぎてたかな。



まだまだこれから先にはもっともっと楽しく、そしてもっともっと自由にプレイ出来る瞬間があるんだということで。

なんて音楽は残酷なんだろう。
いや、まだまだ未熟な腕なんだと。
だから辞められない。
そんな試練を毎回与えてくれる先生に出会えて感謝。



演奏が終わって家族から渡された手作りの花束がドッと疲れた身体を癒してくれた家族の暖かさに感謝して。



そして本日配られたプログラム。



僕の名前も相変わらずいつもの事で(笑)